▼ 当サイトで申し込みの多いキャッシング・カードローン
【1位】みずほ銀行カードローン(金利が安い)
【2位】プロミス(人気急上昇)
【3位】アイフル

このサイトの目的

ローン借りる.comは、初めてローン・キャッシング・カードローンを借りる方の不安・課題を解消し、一歩踏み出すためのきっかけとしていただくサイトです。

ローンを借りるときは金利、限度額、審査の甘さ、どこにATMがあるのか、どういうローン会社があるのか気になります。こういう不安や知りたいポイントを解決していくことを目的としています。

このサイトの対象の読者さま

学生、社会人、サラリーマン、主婦、個人事業主、自営業者、ニートの方を対象にローンのテクニックや不安なポイント、きになるポイントをご紹介しています。

ローンを借りようと考えている人が信頼できるような情報を提供します。

時間がなくて全て読めないという方はこちらから:
当サイトで最もオススメしているキャッシング・カードローンは、プロミスです。オススメ!

はじめに:キャッシングとは

キャッシングとは、クレジットカードやローン各社、消費者金融のカードを利用して提携ATMやコンビニエンスストアのATMで お金を引き出すことができるサービスです。お金を引き出せる上限金額は、ローン会社の契約内容、審査内容によって決められます。 審査内容によって、金利が決まってきますし、審査を通過しなければお金を引き出すことはできません。

初心者の方は迷ってしまいますが、コンビニATMやキャッシュATMから現金を引き出すのは、普通の銀行の口座からお金を 引き出すことに似ています。

ただ、お金を借りているのでこのお金は借金になります。プロミスアイフルなどのローン会社によっては利息が30日間無料ということもありますので、 キャッシングは翌日に一括払いするのが利息もかからないので良いです。

ローンは申込をして利用しなければ、利息ゼロ

ローンを初めて利用するとき、利息がかかって法外な金額を請求されるなどニュースの影響もあって不安ですよね。ローンは申し込みをして審査にとっても利用しなければ当然返済の必要もなく、利息もかかりません。

実際のお金を引き出して返済していくときは、翌月決まった日に返済することになります。 消費者金融の口座に返済するように連絡がきますので、給料日などまとまったお金が入って来る日のあとになるように 設定しておきましょう。

キャッシングカードとは?

キャッシングカードとは、キャッシングするときに利用するためのカードのことです。

ATMでカードを発行することも可能ですので、 自宅や会社などに郵送されることはありません。キャッシングカードがあれば、コンビニや消費者金融、銀行のATMから簡単にお金を 下ろすことができます。

家族や友人など誰にも見つからずにお金を借りたい方もいますよね。

誰にも見つからずお金をおろすこともできますので、自動発行機があるATMからローンを借りることをオススメします。

キャッシング枠とは

ローンにはキャッシングできる枠が決まっています。収入が多くて安定している方であれば限度額が増えますし、バイトや主婦・学生の方だと限度額が低い可能性があります。

また、一度キャッシングしてしっかり返済していると次に借りるときに金利が下がりますし、限度額が増額されることになります。返済していくことによって信用が増えているからです。

カードローンとキャッシングの違いは?

キャッシングとはクレジットカードのキャッシングを枠を利用することで、カードローンは銀行や消費者金融の発行するカードでお金を引き出すことを言います。

クレジットカードとキャッシングでそれぞれ金利も異なりますので、事前に確認して自分にあうキャッシング・カードローンを選択するようにしましょう。

カードローンとキャッシングの比較

カードローンとキャッシングでどういう違いがあるのか、ということは一番心配なところですよね。金利、限度額、どういう会社が運営しているのか、などを元に比較します。

キャッシング カードローン
 金利 18%前後  4% – 18%
限度額 20 – 100万  10 – 800万
運営会社 クレジットカード会社 みずほ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン
アコム
モビット
プロミス
アイフル 

カードローンとキャッシングの金利

カードローン会社は利用額に応じて金利が前後しますので、幅が広くなっています。返済していくことによって信用が増えるので、金利は下がります。ですので、クレジットカードでキャッシングするよりもカードローンを利用することが良いこともあります。

カードローンとキャッシングの限度額

クレジットカードのキャッシングの限度額は自分で設定することもできます。最低額はクレジットカード会社によっても異なります。クレジットカードのキャッシングを利用しない人は0円に設定することもできます。

5万円前後からキャッシングは上限100万円程度の会社もありますし、様々なものがあります。

カードローンの審査が甘い会社はある?

カードローンの審査が甘い会社はあるのかというのは審査に落ちてしまった方や収入が低い方は考えてしまいますよね。カードローンの審査についてご紹介します。

カードローンの審査でアイフルは?

カードローン会社でアイフルは有名です。アイフルは収入証明書、源泉徴収票などを提出する必要があります。また、電話で会社の在職を確かめられたり、収入証明書は今年のものなのかということを聞かれます。

これは各社聞かれる内容になりますので、手元に用意しておくと審査を簡単に進めることができます。

カードローンの審査でプロミスは?

プロミスアイフルと同様、三井住友銀行グループの運営する大手のローンサービスです。プロミスはWebからの申し込みなら最短1時間で有志が可能になっています。

初めての利用であれば30日間利息なしで利用することができ、また、郵送物がない上にカードなどが送付されることはありません。Webで全て完結することができます。

24時間いつでも申し込みすることが可能で、審査は30分程度で回答されますので急いでいる問い方はプロミスがオススメです。

ローンを借りる前にはローンシミュレーションをやろう

ローンの金利や限度額の基本がわかったところで、実際ローンを借りるときには「借りた金額をどのように返していくのか」をシミュレーションしておくことをオススメします。

お金を借りても返せなくなってしまうと大変です。電話がかかってきたり、分割の相談、金利に追われて利息が減らなくて困っているという方もいます。

ですからしっかりローンシミュレーションするようにして、安心して返済するようにしましょう。

ローンシミュレーションの高精度で便利なアプリ

ローンの返済シミュレーションが便利なウェブアプリがあります。プロミスが提供している返済シミュレーションで、金利などを入力することで簡単に返済シミュレーションすることがd系ます。

ローン会社が提供しているローンシミュレーターなので間違いはありません。自分でエクセルなどで作ることもできますが、あっていなかったら心配ですよね。

ローンのシミュレーションで繰り上げも調べておくこと

全額を一気に返済できない時もありますよね。そういう時のために分割してローンの返済シミュレーションを立てることがあります。

しかし、分割だけでなくボーナスが入った時・給料が多めに入ることを想定して繰り上げで返済するようなシミュレーションも立てておくことをオススメします。

返済の無理をしろというわけではないですが、ローンはあくまで借金ですので、早く返して利息を多く取られないということが大切です。利息を払っているといつまでもお金が増えませんので、繰り上げ返済のためのシミュレーションも行いましょう。

カードローン・キャッシングを選ぶ軸・ポイント

カードローン、キャッシングを8年間使ってきて、ローンを選ぶ際に見るべき軸、ポイントがあります。

これだけ抑えておけばローン・お金を借りるときに「こうすればよかった」という失敗は少なくなるでしょう。失敗しないように参考にしてみてください。

  • 即日融資してくれる
  • 借り換えやおまとめローンがある
  • 銀行系カードローンかどうか(安心感)
  • 個人事業主向けかどうか
  • 女性向けローンかどうか(スタッフが女性)
  • 来店不要・ウェブ完結型のローンか
  • 審査が早いかどうか
  • 無利息で借りることができるかどうか

以上の8点がカードローン、キャッシングを選択する時のポイントになります。

全てが当てはまってないとしても、当てはまるポイントが多い会社がおすすめの会社ということになります。

このポイントを軸に次では、カードローン・キャッシングのおすすめの会社をご紹介します!

カードローン・キャッシングのおすすめ会社

人気1位 みずほ銀行カードローン

実質年率 2.0% – 14.0%
利用限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 公式サイト参照

銀行系カードローンで安心
金利も業界最安値水準

初心者の方で、収入がそれなりにあり、金利を安く抑えたい方におすすめのみずほ銀行カードローン。みずほ銀行のキャッシュカードですぐに利用することも可能、コンビニATMでも時間外手数料が無料24時間いつでも申し込み可能でウェブ契約で完結します。

公式サイトはこちら

人気2位 プロミス

実質年率 4.5% – 17.8%
利用限度額 1 – 500万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間

初めての方、プロミスは30日間利息0円。

メールアドレス登録とWeb明細の利用と登録をされた方は初回の利用した日の翌日から30日間はなんと利息が0円です。つまり翌日の支払いの日に全額返済すればいいのです。最短1時間で融資が可能なので、即日審査して欲しい方におすすめ。

公式サイトはこちら

プロミスの提携ATMなど家の近く、職場の近くなどエリアでプロミスを借りる検索をしたい方はこちらからどうぞ

人気3位 アイフル

実質年率 4.5% – 18.0%
利用限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間

アイフルも30日間無利息で利用可能!

来店不要で1秒審査が可能。最大30日間無利息で、最短で1時間で融資が可能です。初めての方でも使いやすくコールセンターの方も親身に相談に乗ってくれます。追加で借りたいときにも金利の相談に乗ってくれるので、女性など安心して利用したい方におすすめです。

公式サイトはこちら

人気4位 モビット

実質年率 3.0% – 18.0%
利用限度額 800万円
審査時間 最短3分
融資スピード 最短即日

三井住友銀行グループで、安心
セブン銀行ATMでも利用可能で審査が早い

全国に23000台あるセブン銀行で利用することができ、スマホアプリで入出金が可能なので必要なときにお金を引き出せます最短3分のWeb審査でお金を最短で即日借りられるのが特徴。三井住友銀行グループなので安心。

公式サイトはこちら

ローンを借りるのが気になるという方におすすめのクレジットカード

最短即日発行のアコムACマスター

最短即日発行可能な、クレジットカード
ローンが気になる方が利用

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムが運営するクレジットカードで、最短即日発行できます。パート・アルバイトの方でも簡単に申込可能
支払いはネット、コンビニでも支払い可能3秒診断があるので診断・申し込みをしてみましょう。

公式サイトはこちら

豆知識編:もっとキャッシング・カードローンを知りたい方へ

カードローンで会社をまとめる意味って?

おまとめローンという言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。おまとめローンというのは言葉の通り複数社で借りているローンをまとめることです。

仕組みは、

  • おまとめローンを借りられる会社から、複数社から借りている総額を借りる
  • 他の会社のローンを一気に返す
  • おまとめローンを借りた1社に対して返済していく

シンプルにいうとこのような流れです。

おまとめローンのメリット

おまとめローンには大きく分けて2つの大きなメリットがあります。

金利が整理され借金総額がへる可能性

金利もおまとめローンの会社に整理することができるので、おまとめローンの会社の金利が安ければ、ご自身で返済する借金の総額が減ることになります。

金利が安いことに越したことはありません。おまとめローンの会社で再度審査して見ることをおすすめします。借金に悩むことはありません、一つ一つクリアにしていきましょう。

返済期日がまとまるので返済計画が立てやすい

ローン会社ごとに返済日が異なることがあります。そういう場合に返済金額をスケジュールで管理しないとお金が手元に残らなくなって大変な目に合うことがあります。

おまとめローンは1社にまとまるので期日がわかりやすいです。なので給料やまとまった金額の時に支払おうというようにスケジュールが立てやすいというのが特徴です。

もし、複数社からの借り入れをしている方が入れば、この2つのメリットからおまとめローンをしない手はありません。

カードローンをまとめる時の審査は?

カードローンを借りる時同様に、収入証明書や本人確認書類などで審査されます。また他のローン会社で借りている金額を聞かれることもありますが、ここは素直に答えた方が良いでしょう。

もし低い金額でローンが借りられるかもしれないからといって借りてしまったら、借りる会社が増えただけで意味がありません。どんどん自らを追い込むことになってしまいますので、誠実に回答するように心掛けましょう。

キャッシング・カードローンは年収のいくらまで借りられる?

貸金業法が2006年お12月に成立し、年収の3分の1を超える借り入れがある場合、新たな借り入れができなくなるという「総量規制」という仕組みができるようになりました。

しかし、クレジットカードを使った商品購入の場合は貸金業法の規制の対象外なので借り入れがある場合でもクレジットカードで買い物をすることはできます

銀行の借り入れも総量規制の対象に含まれるのか?

銀行の借り入れは総量規制には抵触しません。

みずほ銀行カードローンなどの銀行のカードローンも一般の銀行からの借り入れ同様に総量規制の対象にはなっていません。銀行などからの借り入れが万が一年収の3分の1を超えてしまったとしても抵触しないというのが特徴です。

こういうところは法律の穴をついた借り入れができるようになっているのが現実です。

ローンを借りるとき年収は手取りで入力する?

キャッシング・カードローンで審査をする際に入力フォームなどに年収の入力欄がありますが、こちらは額面で入力しても、手取りでも問題ありません。

しかし、額面の方が大きい金額になりますので、こちらで通しておいて電話などで詳しくヒアリングされた時に手取り金額を教えるというのも手です。これはズルをしている訳ではなく普通に分からないということもあります。

住宅ローンなどの大きいローンを借りるときは異なる

キャッシングやカードローンとは異なり、住宅ローンなどを借りることになると数千万円という金額を借りなければ家を購入することはできませんよね。ここはキャッシングやカードローンとは全く異なります。

住宅ローンの場合は、家族構成や妻帯者の収入などを含めて審査の方法も会社の安定性など全てを含めて考慮されます。

まとめ:キャッシング・カードローンでおすすめの会社・サービス

▼ 当サイトで申し込みの多いキャッシング・カードローン
【1位】みずほ銀行カードローン
【2位】プロミス
【3位】アイフル