キャッシング・カードローンの違いを正しく理解する

皆さんは、キャッシングローンとカードローンの違いは何か、と問われたときに、すぐに説明することはできますか。いざ聞かれると、なかなか詳しく説明はできない、という人もいるかもしれません。今回は、キャッシングローンとカードローンの違いや特徴について説明し、どういった場合にどのように使えばいいかなどを紹介していきます。

この記事の対象の読者さま

この記事はこのような人のための記事となっております。

この記事を読み終わった後には、キャッシングローンとカードローンを正しく理解して、それぞれを使いこなしていただけるようになっております。

  • キャッシングローンとカードローンの違いがわからない方、違いを知りたい方
  • キャッシングローン、カードローンを使ってみようと検討している方
  • お金を借りることを考えている方
  • 普段キャッシングローンまたはカードローンを使っているが、もう片方も使うべきか悩んでいる方
  • ケースに応じてキャッシングローンとカードローンをどのように使い分ければいいか知りたい方

日ごろからクレジットカードなどを利用している人もいると思いますが、中にはキャッシングローンとカードローンの違いをよく理解していない人もいます。状況によってはどちらかを使った方が得をしたり、反対に損をしてしまったりする場合もあるので、しっかり特徴や違いを理解し必要な時に適切なものを使えるようにしてください。

そもそもキャッシングとは

キャッシングローンとカードローンの違いについて説明していきたいところですが、まずは、そもそもキャッシングローンとは何なのか、カードローンとは何なのかについて説明します。

キャッシングローンとはクレジットカードの機能の一つで、ATMなどでカードを使ってお金を借りることができるサービスです。

クレジットカードの基本的な機能の、クレジットカード会社が商品購入時の代金を立て替え、後日自分がクレジットカード会社にまとめてお金を払うというショッピング機能とは違い、事前にお金を借りておくというサービスです。

クレジットカードでキャッシング機能を利用すると実際に現金を借りることができるので、買い物だけでなく様々な支払いに使うことができます。ATMなどで手軽にお金を借りることができるということになります。

クレジットカードのキャッシング枠とは

少し話が変わりますが、これまで述べて来た通りお金を借りられるキャッシングですが、クレジットカードにはキャッシング枠と呼ばれるものがあります。

キャッシング枠とは、クレジットカードでキャッシングローンを利用するときの限度額のことです。これを越してのキャッシングローンの利用はできません。

また、キャッシング枠の他に、ショッピング枠と呼ばれる枠があります。こちらは名前の通り、ショッピングのときに使える限度額のことなのですが、キャッシング枠はこのショッピング枠の中にあるものなのです。

ショッピング枠が20万円、キャッシング枠は5万円だったと仮定すると、普通のショッピングでは20万円まで使うことができます。その場合にはキャッシング枠は0円となり、キャッシング機能をその月は使えなくなります。もしショッピング枠を17万円までしか使わなかった場合、3万円はキャッシング枠として使うことができます。

また、5万円分キャッシング枠を使った場合には15万円までしかショッピング機能を使えなくなります。クレジットカードにはこういった限度額が設定されていることを知っていると、いざというときに役立つかもしれません。

カードローンとは

次に、カードローンとは何かについて説明していきます。カードローンとは、主に個人を対象にした無担保の融資のことです。自動車ローンのような、利用目的が指定されている目的ローンとは違い、カードローンはフリーローンと呼ばれる種類のローンで、利用する目的は限定されていないのも特徴です。

しかし、利用目的が限定されていないため、目的ローンに比べて金利は少し高めに設定されています。また、少し高額な借り入れが多いので、借りる前に審査が入ります。

この審査はある程度収入があれば通過できるので、審査を心配する必要はありません。また、一度審査を通過できれば、限度額まで審査なしで借り入れができるようになります。少し高額になってもある程度手軽にお金を借りることができるのがカードローンの一つの特徴になります。

本題のキャッシングローンとカードローンの違いは

それでは、キャッシングローンとカードローンはどのように違うのか実際に比較していきましょう。まず違うのはカードです。

キャッシングローンはクレジットカードを利用しますが、カードローンの場合はローンカードと呼ばれる特有のカードを使う必要があります。

キャッシングローンとカードローンの審査

また、キャッシングローンは審査がないためいざというときにもすぐに利用できますが、カードローンの場合は審査が入ってしまうため、例え数時間だったとしても、少し時間がかかってしまうという違いもあります。

一方、クレジットカードの機能の一つであるキャッシングローンに対し、ローンカードはお金を借りるのが主な機能のカードになるので、キャッシングローンにくらべ様々なサービスがあります。返済の仕方ですが、キャッシングローンは一括返済が基本、カードローンは分割でお返済が基本になるという違いもあります。

もちろんキャッシングローンも分割返済することは可能ですが、金利が高く設定されているので利息がかかります。ですから、一般的には一括返済が望ましいですね。一括返済をすると利息がかからないカードローンもあり、それがプロミスとアイフルとモビットになっています。

30日間で一括返済すれば利息がかからないため、5万−10万が少し足りない、または旅行で20万円程度必要だけど、翌月がボーナスだからちょっと利用してみようという方も多いです。

また、キャッシングローンに比べて、カードローンの方が金利が安く設定されていることが多いです。キャッシングローンを始める前に、まずはクレジットカードを発行するというのも一つですね。

▼最短即日で発行できて、すぐにキャッシングできるオススメのクレジットカード

キャッシングローンとカードローンの使い分け

キャッシングローンとカードローンの主な差が分かったところで、実際にどのように使い分けていけばよいのでしょうか。すぐにお金を借りたい、すぐに借りたお金を返すことができる、少額しか借りないといった場合には、キャッシングローンを使うのがおすすめです。

カードローンも数時間で審査は終わりますが、急を要する場合には審査のないキャッシングローンを使うことになります。高額のお金を借りたい、返済は一括よりも分割のほうがいいという場合にはカードローンがおすすめです。

キャッシングローンに比べ限度額が高めに設定されていることが多く、分割での返済が基本になる方法だからです。
このように、キャッシングローンとカードローンには様々な違いがあり、状況によって使い分けることができます。自分の状況にあった方法を選べるようにしてください。